宮川愛李wikiプロフ!可愛いと大好評だが呼び方に困惑する人続出

歌手

宮川愛李さんを知っていますか?

実の兄みやかわくんが主催したイベント「みやかわくん大新年祭2019」に出演したときに、アーティスト活動を本格的に始めることを公表しました。

 

ワンマンライブがすでに決まっている期待の新人です。

今回は、宮川愛李さんのプロフィールと、呼び方を困惑させている事情について紹介していきます。

Sponsored Link

宮川愛李のwikiプロフィール

本名宮川愛李(みやかわ あいり)
生年月日2000年12月28日
出身地東京都新島村式根島
兄弟兄2人
卒業学校新島村立式根島小学校・中学校
アカウントTwitter
Instagram
ホームページAiri Miyakawa

宮川愛李さんが生まれ育ったところは、東京都ではありますが島育ちです。

どんなところか気になって新島村のホームページを見たのですが、海や景色がとても綺麗な写真が飛び込んできました。

公式HP:新島村ホームページ

疲れた体を癒してくれそうな、そしてパワーチャージも出来そうな、良い環境のように思いましたので、一度は訪れたい場所になりました。

 

そんな素敵な場所に育った宮川愛李さんは、小学生の頃に俳句で賞を獲ったことがあるようです。

「ブランコを おもいきりこいで 雲をける」
 東京都港区長賞

引用元:Twitter

小学生のころからアーティストとしての才能が有ったようなので、今後は作詞作曲をするかもしれないですね。

ブランコをしているって小学生らしくて、とても可愛く思います。感性も豊かなんでしょうね!

Sponsored Link

宮川愛李が可愛いと大好評

感性豊かな小学生時代が可愛いのはわかりましたね。そのほかにも可愛いと言われているところが有ります。

それが、名前と容姿です。

 

確かに、愛李(あいり)は可愛いですよね。

愛は、愛情が連想されますね。

李は、訓読みで「すもも」と読み、木の下にたくさんの果実を実らせるといった意味があるようです。

 

「愛情を持った子」「愛に溢れて周りも幸せにするように」といったような意味でつけられたのかもしれませんね。

そしてもう一つの可愛いポイント容姿は、ホームページの写真は土屋太鳳さんに似ているように思います。

 

SNSの写真を見ると、波瑠さんや田中みなみさんに似ているようにも見えてきます。ふんわりとした印象がまた良いのかもしれませんね。

宮川愛李の呼び方に困惑

実は宮川愛李さんは、みやかわくんの実の妹で妹子としてSNSで活動していました。(今も名前は消していません)

そのため、みやかわくんのファンを中心に「妹子」といった呼び方が定着しています。

 

そこに今回の本名でアーティスト本格活動の発表が有り、これからどう呼べばいいのかを迷っている人が思った以上にいるんです。

できれば今まで通り「妹子」と呼びたい人が多数です。

ただ、宮川愛李で活動すると言っている以上、今まで通りは失礼なのかな?といった困惑ですね。

 

本名で呼ぶならあいりちゃん、あいりん、あいちゃん、と様々な呼び方は有りますが、今まで通りの妹子でも良いように私は思いました。

慣れと言ったことと言うよりも、今までの気持ちを忘れないでこれからも活動して言ってほしいと言った思いですね。

まとめ

今回は、アーティスト活動を本格的にすることとなった宮川愛李さんについて書きました。

名前や容姿がとても可愛くて人気の宮川愛李さんですが、今後活動をしていく上でファンはどう呼んだらいいのか困惑している状況です。

呼び方が新しくなるか今のままなのかは、活動をしていくことで定着していくのではないかと思います。

 

兄のみやかわくんもTwitterフォロワー数90万超えですし、二人とも毎回イイネの数が半端ない兄妹です。

 

今後、兄妹のTV出演も有ると思いますので注目しておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうござました。

Sponsored Link