嵐5人の復帰時期はいつ頃?活動休止から解散や引退の可能性は?

歌手

嵐が2020年いっぱいで活動を休止することを発表し、衝撃が走っていますね。

いつの日か嵐5人が集まって活動してくれることを、ファンだけでなく多くの人が願っているのではないでしょうか?

今回は、記者会見の内容から復帰時期はいつ頃になるのか、そして解散の可能性は有るのかどうかを迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

嵐の会見の様子

活動休止を発表してから数時間後に会見も行われました。

衝撃が走っているのをなだめるかのような素早い対応には、驚きと同時に好感が持てる行動で有りましたね。

こうした誠意ある行動が、ファンを大切にしているんだと実感できる一面でもあると思います。

会見は、約1時間20分行われました。

その間ずっと立って、今まで経緯や質問に答えたりしているって本当にスゴイですね。

会見は活動休止といった理由なので、やはり最初は強張った表情の5人でしたが、会見が進むにつれて和やかになっていったように感じました。

そんな和やかな雰囲気で進んだ活動休止の会見から、復帰時期はだいたいどのくらいになるのかを考えてみました。

Sponsored Link

嵐5人の復帰時期はいつ頃なの?

今回の活動休止になったのは、大野さんが「お休みしたい」と言いだしたことが発端ですよね。

コメントを見ていても、大野さんは活動休止よりも嵐から脱退することを考えていたことが感じられます。

しかし、メンバーやスタッフの説得で「活動休止」といった形を取ることになったようです。

復帰時期はいつ頃なのでしょうか?

大野さんが戻ってこようという気持ちが固まったときが復帰の時期になるわけですが、この時期はファンでなくてもとても気になりますよね。

発表されたコメントを見ていると、相葉さんは5人での復帰を想定しての内容となっていました。

しかし、他のメンバーは復帰の時期というよりも、まずは活動休止するまでの約2年間でファンクラブ会員や嵐を応援している人たちに対して、より多くの喜びを与えることに力を注ごうとしていることを感じました。

つまり、休みまでの期間の方を大切にしていくといくことですね。

こういった、前を向いている姿勢が有ると、復帰時期というよりも本人たちの意思を尊重し待つといった考えになっていくのが心情かなと感じます。

活動休止から解散になる可能性は?

しかし、そうはいっても復帰時期が明確になっていないとこのまま解散してしまうのでは?と不安になる人もいると思います。

過去には、活動休止や充電期間と言ってお休みに入った流れで解散を発表したグループもいるのが現実ですからね。

同じジャニーズ事務所で記憶に新しいのが、タッキー&翼がそうですね。

前例が有るとやはり考えてしまうのが、解散といった二文字です。

絶対に聞きたくない言葉ではありますが、3年ほどすれば嵐メンバー全員40代に突入しますので、体力面を考えたときに解散は全くないとは言えないかもしれません。

ですが、今回の活動休止と結びつけるのは違うのかなとも思います。

なぜなら、会見の中で大野さん自身が「体型に気をつける」と言っていました。

もし戻ってくる気持ちがなければ体型は気にする必要がないと思ったからです。

Sponsored Link

まとめ

今回は、嵐の復帰時期がいつ頃なのかを考えてみました。

様々な想いがある中でたくさんの話し合いをして活動休止となったわけですが、休むまでの期間を約2年設けている時点で、大野さんは辞めたくて仕方ないといった気持ちではないと思います。

そうなると、少し休んでリフレッシュしたら元気な姿で戻ってきてくれると思います。

それまでは静かに見守っていきたいですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント