田中彩子は中国出身が理由で日本語が下手?話し方は可愛いが年齢は?

歌手

ソプラノ歌手の田中彩子さんを知っていますか?

美人の容姿とはうらはらに、話し方が特徴的なことに合わせて日本語もカタコトで下手だなと思ってしまうのではないでしょうか?

そんな田中彩子さんですが、中国出身なので日本語が下手なのではないかと疑問になる人もチラホラ

 

そこで今回は、田中彩子さんは中国出身で日本語がカタコトの下手なのかについて調べてみました。

気になる方は、読み進みてくださいね。

Sponsored Link

田中彩子はプロフィール

田中彩子さんは、コロラトゥーラのさらに高い音域も出すことが出来る才能を持っていて、100年に1人出るか出ないかと言われるほどの逸材のようです。 

コロラトゥーラ(イタリア語: coloratura)は、クラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、速いフレーズの中に装飾を施し、華やかにしている音節のこと。

引用元:wikipedia

高い音域というのは、ピアノの最高音まで出すことが出来るというから驚きです。

「ハイコロラトゥーラ」という区分に入り、音を自由に操りながら歌えるのは素晴らしいですね。

 

私はTVで田中彩子さんが歌っている姿を見たことが有りますが、画面越しではハイコロラトゥーラの素晴らしさが全面に感じれないのが残念でした。

コンサートホールや劇場といった場所で、実際に生で聴いたら確実に感動するだろうなと思いました。

Sponsored Link

田中彩子の日本語が下手なのは出身に関係する?

そんな田中彩子さんですが、いざ話してみるとカタコトの日本語を話します。

時々文法が違っていたりもするほどです。

そんなカタコトの日本語の話し方を見て、中国で生まれ育ったと感じる人がいるようです。

動画で話し方をチェックしてみてください。

いかがでしょうか?

確かにカタコトだと、日本人ではない?と思ってしまいますよね。

 

でも、田中彩子さんの生まれは京都府と公表されていて高校まで京都に住んでいたようです。

高校生までは、ピアニストになりたかったのですが、手が小さいことが原因で思うようにピアノが弾けなかったために断念してしまいました。

しかし、同時期に歌の才能を見出されウィーンの先生からお呼びがかかったそうです。

 

高校卒業後に、単身でウィーンに声楽を学びに行った田中彩子さん。

日本語がカタコトで下手なのは、長いこと海外生活をしていて忘れているということだと思います。

海外生活をしていると、ある日突然外国語が聞き取れるようになるといいます。

それの逆で、使っていなければ忘れていくといったことですね。

 

それにしても、1オクターブも届かないほどに手が小さかったのですが、声はピアノの最高音まで出るようになるって違いが凄すぎますね。

人との出会いで運命が大きく変わっていますよね。

話し方は可愛いが何歳?

そして、カタコトながらも穏やかの日本語を話しているその話し方がとても可愛いです。

子供とまではいきませんが、何だか頭をナデナデとしたくなるような子供っぽさを感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

一体何歳なの?と疑問に思ったので調べてみたら、1984年2月23日生まれでしたの30歳を超えていたのです。

見た目が綺麗で話し方が可愛くて、そんな人が30歳を超えていた。

驚くしかありませんね。

まとめ

今回は、ソプラノ歌手でハイコロラトゥーラの持ち主である田中彩子さんについて書いてきました。

10代終わりに単身でウィーンに渡り、声楽を学んだ田中彩子さん。

いくら人よりも高音が出ると言っても、並々ならぬ努力と練習を重ねてきたことと思います。

その結果が今にあるんですよね。

 

あとは、これからもう少し日本でのお仕事や生活をして、日本語がすんなりと話せるように思い出してもらえたらいいかもしれないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメント