加藤将の演技はスカッとする?【画像】舞台俳優の出演作まとめ

俳優

加藤将さんを知っていますか?

『テニスの王子様』『刀剣乱舞』などの2.5次元世界のミュージカルで華麗に演技をし、芸術的とまで言われる顔立ちもあって、今大注目の俳優です。

 

舞台を中心に活動してきた加藤将さんが、『スカッとジャパン』に出演することが決まりました。

 

そこで今回は、『スカッとジャパン』で加藤将さんのことを知る方に向けて、これまでの俳優としてのお仕事をまとめてみました。

Sponsored Link

加藤将プロフィール

本名加藤 将(かとう しょう)
出身地兵庫県
生年月日1992年9月21日
身長186cm
血液型O型
所属事務所ヴィズミック
公式オフィシャルサイト
Twitter

加藤将さんは、中学校と高校の合計6年間、プロになることを目指しソフトテニス部に熱中していました。しかし、ソフトテニス部にはプロが無いことを高校3年生のときに知ってしまったようです。

 

進路を決める時期に、自分が目指していたものの先が無いと分かり落ち込んでいた矢先に、テレビ映像から流れてきた小栗旬さんを見て俳優としての道を志したようです。

 

学生生活をテニスに明け暮れて、プロになるとまで思っていた夢が「プロは無い」と分かったときは、さぞかし落胆したことだと思います。

しかし、小栗旬さんの演技力の凄さを感じた瞬間に、自分も同じ道に進みたいと思い行動に移していく実行力はとても素敵ですね。新しい道に進むときは、コワサも感じて躊躇してしまうことの方が多いと思います。しかし、加藤将さんは直感を信じて行動していっているので、とてもカッコいいと私は思います。

Sponsored Link

加藤将の演技はスカッとする?【画像】

気持ちの切り替えかたが上手な加藤将さんの演技力はどうなのでしょうか?

舞台『刀剣乱舞』の稽古は、監督も認めるほど厳しかったようです。そんな状況でも負けずに稽古を続け、演技力を磨き続けているのですね。

・加藤が2018年に出演した舞台『刀剣乱舞』の稽古はかなり厳しいものだったという。
それは演出家、末満健一自身も『刀剣乱舞』のドキュメンタリー番組で「加藤将を一番怒った。」と認めているほど。

 

・どんなに辛くても「自分はその程度でいいのか?」「ここで負けてもいいのか?」と自分自身に言い聞かせ、常に自らを奮い立たせていたという。

引用元:MINE

テニスと演技は全くの別物なのに、しっかりと結果を出してきているのを見ると、加藤将さんの性格は「決めたら結果を必ず出す!」と、強い意思を持ち続けることが出来る人なのかなと思います。

その辺は6年間のテニス生活で身についたのかもしれないですね。ソフトテニスと言っても、強くなるには練習も決して甘いものではないと思います。夏の暑い時期も冬の寒い時期も全く関係なく、コートの中を動き回っていることを続けてきたので、精神面も鍛えられたのかもしれないですね。

舞台俳優「加藤将」出演作まとめ

加藤将さんは、2012年ミュージカル『甲子園だけが高校野球ではない』で初舞台を踏んでいます。

その後、学生時代のテニスを始めるキッカケとなったお気に入りのマンガ『テニスの王子様』のオーディションに合格をし、本格的に役者の道を歩み出しています。

始めるキッカケの作品に携わることが出来るって幸せだと思います。まるで、初恋の人と結ばれたような感じになりますね。

 

主な出演作は、以下の通りです。

2016年
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン
2018年
舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰
舞台 シェイクスピア『夏の夜の夢』
舞台 『銀河英雄伝説』
今後の出演予定は以下の通りです。
2019年
3月 舞台『70億分の1の恋~告白実行委員会~』
4月 舞台『ヒロイン』
6月 舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』
今年はすでに3つの舞台が決まっています。今後、舞台だけでなくテレビ出演も決まってくると思うので、どんどん出演作は増えていきそうです。

まとめ

今回は、2.5次元の世界からテレビへの出演も増えてきつつある加藤将さんについて書いてきました。

加藤将さんは、夢を着々と叶えていっている精神面や信念が強い方だということが分かりました。そして、俳優として演技をすることをとても楽しんでいるように感じます。

 

今後も様々な作品に出演し、存在感を残していくかと思いますので、加藤将さんのことをこれからも注目していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうござました。