石川昴弥の名前の読み方は?子供時代や中学の通算成績をチェック【動画】

スポーツ

高校野球が始まりましたね。

高校生と言ってもプロ並みの技術を持った人も居るので、野球好きでなくても見始めたら見入ってしまうという人もいることでしょう。

愛知県東邦高校のエースである、石川昴弥さんも素晴らしい技術を持った一人です。

 

ただ、石川昴弥さんを初めて見た人には、名前の読み方は何だろう?と思った人もいると思います。そして、素晴らしい技術を持っているけど、それは子供のときから?と気になりますよね。

 

今回は、東邦のエース石川昴弥さんの名前の読み方と子供時代や中学の頃の成績を調べてみました。

Sponsored Link

石川昴弥の名前の読み方は?プロフィール

名前石川 昴弥(いしかわ たかや)
出身地愛知県半田市
生年月日2001年6月22日
身長181cm
体重81kg

名前の読み方は、いしかわ たかやです。「たかや」ってあまり聞かないというより珍しい名前ですよね。

 

どんな意味で名付けたのでしょうか?

使っている漢字の、昴は星座の牡牛座を意味するとも言われています。しかし、石川昴弥さんは6月22日生まれなので蟹座になりますので星座から名付けたわけではなさそうですね。

 

ただ、昴は王の象徴とも言われているので、王様のように人の上に立ち多くの人の支えになれるように、そして星座のように光り輝き宇宙に広がる大きな心をもった人になってほしいといった思いが有ったのかもしれません。

 

これは私の憶測ですが、もしこういった願いであったのなら今の石川昴弥さんの高校野球での活躍は、エース主将として活躍し、チームを引っ張っているので名前の意味通りですね。

Sponsored Link

石川昴弥の子供時代や中学はどんな選手だった?【動画】

では気になる、石川昴弥さんの子供時代や中学時代は、どんな選手だったのでしょうか?

石川昴弥の武器

大谷翔平さんの活躍と共に有名になった二刀流ですが、なんと石川昴弥さんも同じく二刀流です。しかも、その二刀流をすでに中学時代の頃から習得していたようですので驚きました。

 

やはり子供時代からエースで活躍できる素質を持っていたのですね。

子供時代

石川昴弥さんは、半田市立有脇小学校の2年生のときに地元にあるチーム「ツースリー大府」に入り野球を始めました。

そして、6年生のときには「中日ドラゴンズジュニア」に選ばれています

中学時代

半田市立亀崎中学校のときに、愛知知多ボーイズのチームに入っています。

そして、3年生のときに「NOMOジャパン」に選ばれています。

 

こうして見てくると、もちろん努力は人一倍にしていると思いますが生まれ持った素質も大きいように感じます。

気になる動画

下の動画は、今回の石川昴弥さんのことを調べていく上で見つけた動画です。

5番の背番号で立つ打者で、ホームランを打ち放っています。ホームランを打ったときにバットから「カキーン」と響き渡る音に鳥肌が立ちしびれました

石川昴弥の通算成績は?

右投げで右打ちの石川昴弥さんは、MAX144kmを出し、東邦高校に入って1年生の頃からベンチ入りの選手として見出されています。

東邦高校は、野球の名門校と言わているほどの学校ですので、野球選手として素晴らしい技術を持った人が集まってくると思います。そんな中でも、1年生の頃からベンチ入りをしていると聞くと、やはりスターは違うなと感じてしまいます。

2018年秋季東海地区成績
3試合/打率.636/1本塁打/5打点/出塁率.733

まとめ

今回は、愛知県東邦高校のエースと主将の石川昴弥さんについて書いてきました。

内容をまとめると、

名前の読み方は、「いしかわ たかや」です。
小学生のときは「中日ドラゴンズジュニア」、中学生のときは「NOMOジャパン」に選ばれるほどの才能の持ち主で、高校生の今でも二刀流を続け主将でありエースとして活躍し続けています。
となります。

今行われている高校野球でも活躍するのでしょうね。高校卒業からドラフト指名でプロ入りするのでしょうか?

 

今後の活躍に期待とワクワクです。

最後まで読んでいただきありがとうござました。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました