奥川恭伸の名前の読み方は?性格や投手の経歴が異色で面白い?

スポーツ

星稜の奥川恭伸選手は第1戦の初球で150kgを出しましたね。

怪物とも言える実力は見ていても清々しくなるほどです。

 

その奥川恭伸さんの名前を見て、「どう読むの?」と気になりませんか?

今回の記事では、星稜の奥川恭伸さんの名前はどう読むのか?といった読み方についてを中心に、奥川恭伸さんの性格や投手としての経歴も調べてみました。

Sponsored Link

奥川恭伸の名前の読み方は?

名前奥川 恭伸(おくかわ やすのぶ)
出身地石川県かほく市
生年月日2001年4月16日
身長179cm
体重74kg
ポジション投手/右投げ・右打ち
背番号 1

名前の読み方は、おくかわ やすのぶです。パソコンやスマホでやってみたのですが、「恭」の漢字は、やすと入力して変換されませんでした。私のだけなのかな?

 

「恭」はあまり目にすることのない漢字のような気がしますが、意味としては慎む・うやうやしいといった意味が有るようです。

言われてみれば年賀状に恭賀新年と使ったりしますよね。新年の言葉に使うものなので縁起のいい文字ですね。

 

また「伸」は、伸びると使うように真っ直ぐになることを意味します。

「恭」と「伸」を合わせて、謙虚な気持ちで素直に礼儀正しくし向上心を持った子に育ってほしいといった意味で名付けられたのかもしれません。

Sponsored Link

奥川恭伸の性格は良い子?SNSでの反応

名付けの意味を考えてみたところで、実際の奥川恭伸さんはどういった人なのでしょうか?直接関わっていないので性格を断言することは出来ませんが、抱いている印象をSNSから見てみましょう。

性格は良い?

私と同じように実際に関わっていなくても、「性格が良さそう」と見ただけでの印象で感じてしまうのですね。そう感じてしまうのは、立ち居振る舞いからだと思うのですが、野球の試合をしていても笑顔が多く可愛い印象になるからなのかなと思いました。

性格が悪い?

性格が悪い?と見出しに付けましたが、悪そうな反応は特になさそうです。

ただ、前に出ることは苦手としながらも周りの人を巻き込むためにどうすべきかを考えているようですので、芯はしっかりしていそうです。

 

甲子園という大舞台で観客を味方につけようと考える思考力は、将来プロとしてやっていくといった気持ちもあるのかもしれないですね。

奥川恭伸の経歴が異色で面白い?

奥川恭伸さんは、小学2年生から野球を始めています。投手になったのは小学4年生の頃からで、20年弱投手としてやってきているのですね。

中学校は、かほく市立宇ノ気中学校に通っていて、3年生のときには全国制覇をしています。

そして、星稜高校に入ってからは1年生からベンチ入りをしています。2年の夏には、侍ジャパンU-18の代表入りをしているほどの逸材です。

 

最速150kmの球を投げることが出来るので、注目されるのは分かりますね。また、先ほども書きましたが大舞台でも屈することはない芯がしっかりとしていそうなので、決めた目標は必ず達成する志で物事を進めているような気がします。

まとめ

今回は、星稜高校のエースである奥川恭伸選手について書いてきました。

内容を振り返ると、

・名前の読み方は、おくかわ やすのぶ
・小学2年生の9歳から野球を始め、4年生から投手になる
・中学校3年生のときには、全国制覇を経験している
・高校1年生からベンチ入りし、2年生のときに侍ジャパンに選ばれている

このようになりました。

 

高校野球が盛り上がりを見せていますので、流れに乗って奥川恭伸さんも今以上に注目されそうです。

最後まで読んでいただきありがとうござました。

Sponsored Link