熊田任洋の名前の読み方は?プロフィールや経歴も気になる【画像】

スポーツ

愛知県代表の東邦高校の活躍が素晴らしいです。

守りも攻めもどちらも安定していて、選手それぞれが自分のプレーに自信を持っているような気がします。

 

今回は、ショート守備の熊田任洋さんについての内容です。

ピッチャーの石川昴弥さんもそうですが、熊田任洋さんも名前の読み方が分からなかったので調べました。

そして、気になるプロフィールや子供時代はどうだったのかなどの経歴も一緒に調べてみましたのでご紹介します。

関連記事:石川昴弥の名前の読み方は?子供時代や中学の通算成績をチェック【動画】

Sponsored Link

熊田任洋の名前の読み方は?

最初の疑問である、熊田任洋さんの名前の読み方についてですが、読み方は くまだ とうようです。

 

とうと読むのを初めて知りました。一時期はあて字やキラキラネームが流行っていましたが、今は珍しい読み方にするのが多そうですね。

熊田任洋さんの他には、石川昴弥さんや奥川恭伸さんも私は名前の読み方が分からなかったです。

 

しかし、任洋とはどういった意味合いで名付けられたのでしょうか?

任は、よく使われるの思い浮かぶ単語が任せるなので「頼られる存在」

洋は、太平洋や大西洋と海関連が思い浮かぶので「包容力がある人」

といった場合、「周りの人に頼られるくらいの大きな心を持った包容力のある人」に育ってほしいといった想いで名付けられたのかもしれません。

一般的に公開されていないことなので明確では有りませんが、漢字の意味から考えてみました。

Sponsored Link

熊田任洋プロフィール【画像】

名前熊田 任洋(くまだ とうよう)
出身地岐阜県岐阜市
誕生日2001年4月15日
身長172cm
体重72kg
投打右投右打
 好きな選手井端弘和選手(元巨人)

172cm 72kgなのでBMI値を見るとややぽっちゃり気味の普通体型ですね。しかし、野球をしていて筋肉質でしょうから、ぽっちゃりではなのかなとも思います。

熊田任洋の経歴

熊田任洋さんが野球を始めたのは小学4年生からで、愛知一宮ボーイズに所属していました。その時は投手と捕手を兼任していたようです。

そこから、中学生になった頃には岐阜青山ボーイズに所属し、小学生の時と同じように兼任かと思っていたら、遊撃手としての才能を発掘されました。そのまま今のポジションとして遊撃手が定着しています。

 

投手も才能が有ったのでしょうが、ショート守備の遊撃手としての才能の方がより有ったみたいですね。

遊撃手も重要な立場であり、打球に対して素早く対応する必要があるのでフットワークが軽くなければいけません。また、投手を助けることでもあるので、小学生時代に投手をしていた経験で投手の気持ちが分かるのかもしれません。

まとめ

今回は、熊田任洋さんについて書いてきました。

内容をまとめると、

・名前の読み方は、くまだ とうよう
・体型は少し筋肉質?
・小学生のときは、投手と捕手を兼任
・中学生のときから、遊撃手専属となる

紹介したサイトは、

春高野球が盛り上がっている今、出場している選手の名前は知っておきたいですよね。

名前の読み方を知らずに試合を見るのと、知っていて見るのとではまた一味違ってきます。そして、名前を知っているだけで応援に力が入ったりするので、ぜひ今回の記事を参考に名前の読み方を覚えて春高野球を楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうござました。

Sponsored Link

コメント