【千里山交番の事件】犯人の特徴は?動機はG20妨害の計画的犯行?

千里山交番,事件,犯人,特徴事件

本日6月16日(日)に大阪府吹田市の千里山交番の警察官が刺され、拳銃が奪われるという事件が発生しています。

犯人はまだ捕まっておらず、必死の捜索が続いています。

 

ここでは、千里山交番の警察官を刺し、拳銃を奪い逃走中の犯人の特徴や動機を調査していきたいと思います。

Sponsored Link

【千里山交番の事件】犯人の特徴は?

6月16日(日)5:30頃に起きた事件ですが、犯人はまだ捕まっておらず逃走中です。

現時点で公表されている犯人の特徴は以下の通りです。

  • 年齢、30〜40歳代
  • 身長、170〜180cm
  • 服装、深緑色のジャンパーを着用 

 

逃走から時間が経過していますので、服装は変わっている可能性が有ります。

年齢や身長だけでなく、メガネをしているとかヒゲが生えているといった外見に関する情報が有ればいいのですが、現段階で公表されている犯人の特徴は3つでした。

 

この事件で「外出を控え、施錠をする」ように、大阪府警だけでなく町内放送でも強く呼びかけているようです。

また、小中学校の部活動やイベントも市民の安全を優先に考えて中止をしています。

 

日曜日ということで外出する予定だった方も多いと思いますが、犯人が逃走中なので身の安全を確保するためにも、今日の外出はできる限り控えたほうが本当にいいと思います。

Sponsored Link

犯人の動機はG20妨害で計画的犯行?

こうした警察官を襲う事件は過去にも起こっています。

動機は様々では有りますが、今回の千里山交番の警察官を襲った犯人の動機は一体なんなのでしょうか?

 

G20の開催が迫っていますし、計画的犯行なのではないかといった情報もありました。

 

千里山交番の警察官が刺された経緯は、直前に窃盗事件の通報が入り、他の警察官が現場に向かった直後に残っていた警察官は犯人に刺されたようです。

 

一人になるように通報したのであれば、計画的犯行となってしまいます。

こういった経緯も判明するように、何より早く犯人が捕まることを願います。

千里山交番,警察官,刺した,犯人,特徴,動機

まとめ

今回は、速報といった形で吹田市で起きた千里交番の警察官を刺し、拳銃を奪い逃走中の犯人の特徴や動機について書いてきました。

 

犯人の特徴は、

  • 年齢、30〜40歳代
  • 身長、170〜180cm
  • 服装、深緑色のジャンパーを着用

です。

 

犯人が逃走中ですので、「外出を控え、戸締りと施錠」をしっかり行い身の安全を優先したほうがいいですね。

二次被害が出ないことを心底願います。

Sponsored Link