おしゃべりダッキーは犬なのになぜ話す?声は誰?CMが怖いと不評

CM

おしゃべりダッキーのCMは見たこと有りますか?

おしゃべりダッキーのCMを見ていて、怖いと感じている人が案外多いようです。

なぜ、怖いと感じてしまうのか?

その理由は、声が原因かもしれません。

犬なのに話すというや、声質や話し方に違和感を感じてしまうようです。

そこで今回は、なぜ話すのか?そして、声は誰なの?という疑問を調べていきたいと思います。

Sponsored Link

おしゃべりダッキーCMに違和感を感じるところ

おしゃべりダッキーは、見た目は犬ですよね。

でも、人と話すことが出来るです!

CMでは、おしゃべりダッキーが「あそぼ〜」「なでなでして」「ボク、ダッキー」とハッキリとした言葉を話しています。

そして、ダッキーが話している姿に、女性が喜んでいますね。

犬は「”ワンワン”と吠える」と記憶しているからこそ、人間の言葉を話すおしゃべりダッキーにとても違和感を感じてしまうのですね。

それにしても、なぜおしゃべりダッキーは「ワンワン」ではなく、人間の言葉を話すようにしているのでしょうか?

Sponsored Link

おしゃべりダッキーが人の声を話すのはなぜ?

おしゃべりダッキーは、頭や背中をなでなでしたり、話しかけたりといった動作でセンサーが反応してお話しをしてくれます。

しかも、話せる言葉は3000語というので驚きです!

おしゃべりダッキーが、3000語も話すようにしているのはなぜなのかが疑問ですよね?

おしゃべりダッキーは、癒しを与えるヒーリングドール』として発売されています。

一人暮らしが寂しいと感じている人には話し相手に、ご高齢の夫婦には孫と一緒に過ごしているような感覚を与えることを目的としているようです。

つまり、ワンワンといった反応よりも、話し相手となるように言葉が通じる方が寂しさを解消する役割が有るようですね。

そして、おしゃべりダッキーは犬なので毛で覆われています。

ナデナデしたらフカフカの感触が有るので、言葉を話すことにプラス触ってフカフカ感でも癒されるのだと思います。

話すことだけを目的としているなら、人形で良かったのでは?と思いましたが、感触からのヒーリングも目的としているので犬にしたのだと思います。

おしゃべりダッキーの声は誰?

おしゃべりダッキーが話す理由は分かったのですが、話している声質はどうなのでしょうか?

SNSの反応はイマイチです・・


誰が声を担当しているのかは公表されていないので、明確ではありません。

聞いていると、成人女性の声にも聞こえてきます。

しかし、先ほども書きましたがご高齢の夫婦が孫と一緒に過ごしている感覚が持てるとしたら、子供の声の可能性が高いですね。

男の子か、女の子か・・ハッキリとは分かりませんが、CMでの最後の言葉「ボク、ダッキー」と聞いて私は男の子の声ではないかと思いました。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、おしゃべりダッキーのCMを見ていて怖いと感じている人が多くいるようでしたので、なぜ話すのかと声は誰なのかを調べてみました。

誰が話しているのかは明確には分かりませんでしたが、ヒーリング効果を出すために犬なのに人間の言葉を話すようにしているのではないかということが分かりました。

CMでパッと見て違和感を感じるかもしれませんが、ヒーリング効果のためといった目的がハッキリしていると分かれば、犬が話すといったことも自然と馴染んでいくように思います。

こうして考えると、日々忙しい中での一間の休息としても、おしゃべりダッキーは活躍してくれるかもしれません。

コメント