マスオさんの声が変わった?後任の声優は田中秀幸!初代は誰?

マスオさん,声,変わった,違和感,後任,田中秀幸,初代,誰TV(CM・ドラマ)映画

マスオさんの声が変わりました。

サザエさんが放送されるたびに、聞きなれないマスオさんの声に違和感を感じる人が多くいるようです。

 

そこで今回は、マスオさんの声が変わったことについて、後任の田中秀幸さんの代表作と初代の声優さんを紹介していきます。

Sponsored Link

マスオさんの声が変わったのが違和感?

8月25日放送回より、マスオさんの声は田中秀幸さんになっています。

しかし、SNSでは「まだ慣れていない」ことで違和感が強いようです。

 

 

増岡弘さんがやられていた頃は、のんびりほのぼのマスオさんでした。

田中秀幸さんに変わってからは、そんなマスオさんは居なくなってたように思います。

マスオさんの声,2代目,増岡弘

ただし、どちらも優しいマスオさんのイメージは崩れていませんね。

Sponsored Link

マスオさんの声の後任は田中秀幸で代表作は?

マスオさんの声の後任となった田中秀幸さんは、どういった人なのでしょうか?

代表作を調べてみました。

マスオさんの声,3代目,田中秀幸

田中秀幸さんは、1974年より声優として活動しているので、出演作品は数え切れないほどに有ります。

その中から一番古い有名な作品は、『ドカベン』の山田太郎役です。

 

そのほかには、『キン肉マン』のテリーマン役『SLAM DUNK』の木暮公延役をしています。

田中秀幸さんの役柄は、悪役や冷静沈着な役が多いですが様々な役柄をされています。

→楽天市場で田中秀幸さんのDVDを探す

マスオさんの声の初代は誰?

今回の田中秀幸さんが3代目、増岡弘さんは2代目。

となると、マスオさんの声の初代は誰なんだろうと思いませんか?

 

初代のマスオさんの声は、近石真介さんです。

サザエさん放送開始の1969年から9年間に渡ってマスオさんの声を担当してました。

マスオさんの声,初代,近石真介

近石さんは当時、声優だけでなくラジオや舞台俳優もしていました。

マスオさんの声を担当しつつラジオや舞台俳優をすることが難しくなったのを理由に、2代目の増岡弘さんに交代しました。

 

近石さんの現在のお仕事は、主にナレーション業です。

日本テレビの「はじめてのおつかい」は今も担当しています。


→楽天市場で『サザエさん』の商品を探す

マスオさんの声についてまとめ

今回は、マスオさんの声が増岡弘さんから田中秀幸さんに変わったことについて書いてきました。

 

SNSの反応では、今までの方がいいという反応です。

何十年と続けてこれらたので、世間もマスオさんの声のイメージが付いてしまっているからだと思います。

 

8月25日放送回より田中秀幸さんに変わり、この先何十年と続けれていかれると思います。

そしていつか、マスオさんの声は田中秀幸さんとなることもきっと来るでしょう。

 

そうなると少し寂しい気もしますが、時代の流れですね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

Sponsored Link