河津博史の弁護士費用はいくら?ゴーンは億越え!沢尻エリカの場合は?

河津博史,弁護士,費用,いくら,ゴーン,億超え,沢尻エリカ調査

無罪請負人と言われている河津博史弁護士が、沢尻エリカさんの弁護団に加入したことがニュースになっていますね。

さて、河津博史さんに弁護を依頼したときの費用はどのくらいなのでしょうか?

 

ゴーン会長の場合は、億越えとさえ言われています。

じゃあ、沢尻エリカさんの場合は?

気になったので調べてみました。

 

今回は、河津博史さんの弁護士費用はいくらなのかを紹介していきます。

Sponsored Link

河津博史の弁護士費用はいくら?

河津博史弁護士は、霞ヶ関総合法律事務所に所属しています。

公式ホームページは自己紹介が掲載されているのみで、費用に関しては掲載されていませんでした。

 

弁護士に依頼した場合の一般的な金額は、弁護士費用の相場サイトで確認したところ『着手金約30万円・報酬金約30万円』のようです。

もちろん事務所によって開きはありますが、目安額として考える相場は30万円です。

Sponsored Link

河津博史が主任弁護人のゴーンは億越え?

河津博史さんは、カルロス・ゴーンの弁護団に加わっていて、主任弁護人をしています。

では、ゴーン会長の費用も先ほどの金額とはいかないですよね。

 

刑事事件だとしても、ゴーン会長といった有名人であることや長期に渡っているということもあるので桁違いだと思います。

 

保釈金10億円を払ってしまうカルロス・ゴーンということも考えると、着手金・報酬金・日当や交通費などを考えて、億超えである可能性は高そうです。

河津博史,沢尻エリカ,弁護人

河津博史弁護士が沢尻エリカの弁護団に加入!費用は?

そして最後に、沢尻エリカさんの場合も考えてみましょう!

 

  • 一般的には、約30万円
  • カルロス・ゴーン会長の場合は、億超えが濃厚

 

上記2点に加えて、沢尻エリカさんが所属する事務所はエイベックスであると言うことも大きいと思います。

今まだエイベックスを解雇されていないので、弁護士費用はエイベックスが支払う可能性が高そうですよね。

 

企業logによると、エイベックスの営業利益は14億円のようです。

事務所が払うことを考えると、カルロス・ゴーン会長と同等で億超えの可能性は高いと思います。

河津博史の弁護士費用についてまとめ

今回は、河津博史弁護士の弁護費用について書いてきました。

 

一般的には、『着手金約30万円・報酬金約30万円』ですが、沢尻エリカさんの場合は、億超えが濃厚です。

 

無罪請負人と言われている河津博史さん

これからの動きに注目です!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうござました。

Sponsored Link

 

調査
Sponsored Link
Sponsored Link
晴れたね