カルロスゴーンの娘の大学はどこ?全員同じ学校!学費は日産負担?

カルロスゴーン,娘,大学,どこ,全員,学校,学費,日産,負担注目の人

カルロス・ゴーンさんが、今注目を浴びていますね!

 

今回の記事は、カルロス・ゴーンさんの娘さんの大学に注目していきます。

カルロス・ゴーンさんの娘さんが通った大学はどこなのか?

このことについて調査しました。

 

そこで分かったのは、カルロス・ゴーンさんの娘さん全員が同じ学校に通っていたということです。

さて、大学の学費はいくらかかったのでしょうか?

また、日産が支払っているといった情報もありましたので、詳しくお伝えしていきます。

Sponsored Link

カルロスゴーンの娘の大学はどこ?

カルロス・ゴーンさんには、息子1人・娘3人の子供が居ます。

長女:キャロライン・ゴーン
次女:ナディーン・ゴーン
三女:マヤ・ゴーン
長男:アンソニー・ゴーン

現在は卒業していますが、娘さんが通っていた大学はスタンフォード大学だということが分かりました。

Sponsored Link

カルロスゴーンの娘は全員同じ学校に通っていた!

カルロス・ゴーンさんのが通っていたスタンフォード大学は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ベイエリアに有る私立大学です。

(正式名称は、リーランド・スタンフォード・ジュニア大学)

カルロスゴーン,娘,スタンフォード大学

現役の学生が、大学の成り立ちや建物のエピソード等を約1時間かけて案内する「キャンパスツアー」が有るようです。

 

偏差値は、日本のレベルに当てはめると80以上で、合格率は平均4.7%です。

海外で有名なハーバード大学が5.2%と言われて居ますので、スタンフォード大学がいかに難関校で有るかは分かります。

 

そんな難関校に通っていたのですから、カルロス・ゴーンさんのは素晴らしいですね。

ただ、大学の学費について問題が出てきました

カルロスゴーン,娘,大学,どこ,学校,学費

カルロスゴーンの娘の大学の学費は日産負担?

スタンフォード大学の現在の授業料は、年間で5万2,857ドル(日本円で約590万円)

そのほかに、教材費や学生生活費などが必要になってきますので、合計で7万4570ドル(日本円で約833万円)が1年間の学生生活で必要になってくるようです。

 

カルロス・ゴーンさんは資産も破格に有るので、簡単に授業料が払えると思いますよね?

実際に払えるような気もしますが、実は日産との雇用形態で大学の学費の支払いが福利厚生として含まれていたようです。

米スタンフォード大学の授業料を2004-15年にかけて支払っていたことが、事情に詳しい関係者への取材で明らかになった。

日産による授業料負担はゴーン被告が1999年に同社最高経営責任者(CEO)として起用された際の雇用契約で福利厚生に含まれていたもの。こうした福利厚生は最高幹部の間でも珍しく、スタンフォード大学が04ー15年時に公表していた授業料をベースに換算すると、4人分の金額は合計で少なくとも60万1000ドル(約6640万円)相当に上る。

引用元:bloomberg

 

娘3人だけでなく息子を含めた4人全員が、スタンフォード大学を卒業しています。

4人にかかった学費の合計が、約6640万円とはスゴ過ぎです!

 

その学費全てが、日産の費用として計上されていただなんて、雇用形態もおかしいですが受け入れたカルロス・ゴーン側の考え方も疑ってしまいますね。

カルロスゴーンの娘の大学についてまとめ

今回は、カルロスゴーンの娘の大学について紹介してきました。

 

娘と息子の4人全員がスタンフォード大学に通っていたことは、素晴らしい実績です。

ただ、大学にかかった学費は全て日産が支払っていたという可能性が有りました。

 

学費の支払いに関して、子供たちは何も感じなかったのでしょうか?

カルロスゴーンさんには、いろいろな問題が浮き彫りになってきますね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうござました。

Sponsored Link