仲邑菫の小学校はどこ?学力はどのくらい?学校生活を調査!

注目の人

最年少でプロ囲碁棋士となる仲邑菫(なかむらすみれ)さんについての内容です。

あどけない表情がとても可愛いのですが、対局となるとキリッとした怖いとも言える表情になり、切り替え方がスゴイと関心しています。

そんな仲邑菫さんは、どこの小学校に通っているのでしょうか?

そして、学力やどんな学校生活を送っているのか?気になったので調べてみました。

Sponsored Link

仲邑菫の小学校はどこ?

仲村菫さんは、大阪市此花区に住んでいることは、ニュースで流れていました。

では、どこの小学校に通っているのでしょうか?

大阪市此花区では、8つの小学校が存在していることが分かりました。

西九条小学校
梅香小学校
春日出小学校
四貴島小学校
酉島小学校
島屋小学校
伝法小学校
高見小学校

この中から調査した結果、高見小学校に通っているようです。

ホームページはコチラ→大阪市立高見小学校

仲邑菫さんが通う高見小学校は、クリーム色を基調とした比較的綺麗で、パッと見ると教会を思わせるような外見の建物です。

教育方針は、「自分で考え、豊かな心を持ち、たくましく生きる子どもの育成」ですので、囲碁と共通するところが有りますね。

Sponsored Link

仲邑菫の学力はどのくらい?優秀なの?

そして仲村菫さんは、小学校の学力はどのくらいなのでしょうか?

調査しましたが現時点での小学校での学力については、分かりませんでした。

しかし、囲碁の練習もしながら、小学校にも通っているわけですし、韓国語は短期留学をしていたこともあってマスターしています。

両親の通訳にもなるような子なので、学力についても優秀なのではないかと私は思いました。

幸さんの手ほどきで3歳で碁を覚え、7歳から一家3人で韓国・ソウルに渡って修業。日本での義務教育履修のため日韓の往復生活を続けた。幸さんによると、菫さんはすぐに韓国語を覚え、両親の通訳にもなっているという。昨年、現地の小学生低学年のチャンピオンに。今年、韓国棋院のプロ候補生である研究生になった。

引用元:HUFFPOST NEWS

実際に、囲碁は相手の打つ手を予想しながら進めていくので、論理的思考が身につき学力に好影響を与えることが統計上出ているようです。

論理的思考が身についていると、算数が得意になる可能性が高いらしいので、もしかすると仲邑菫さんも得意科目は算数かもしれません。

また、仲村菫さんの性格について両親は「とにかく負けず嫌い」と口を揃えて言っていますので、囲碁の勝負だけではなく学力も上位になるために勉強していそうです。

仲邑菫はどんな小学校生活を送っているの?

そしてさらに、どんな小学校生活を送っているのかも調べてみました。

囲碁をしているので、教室で静かに遊んでいるのかと思ったら違いました。

室内遊びより、外遊びのほうが好きで主にボール遊びをしているようです。

小学校のボール遊びと言えば、ドッチボールが思い浮かびます。

男女混合でチーム分けをして、ボールを投げたり受けたりと元気に動き回っているのでしょうかね。

外でボール遊びをしているだなんて、小学校内では活発な女の子なんですね。

お友達もたくさんいることが分かりますね。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしょうか?

今回は、最年少でプロ囲碁棋士になることが決まった仲村菫さんの小学校について書いてきました。

あどけなさが残る仲邑菫さんは、囲碁と同じように小学校生活も楽しんでいるようです。

小学生とプロ囲碁棋士、二足のわらじで毎日を過ごし、結果もしっかりと出しているのは本当に素晴らしいことだと思います。

プロ囲碁棋士としての今後の仲村菫さんに大注目、目が離せません。

コメント