金属バットのネタに衝撃!実は漫才劇場とNGKを出禁になってる?

芸人

漫才コンビ『金属バット』のネタは衝撃だと話題になっています。

男性二人組で、坊主頭とロング髪という両極端の髪型をしているところだけでも、一度見ただけで記憶される上に、ネタも衝撃な二人は、一体どんな人でしょうか?

そして、実は漫才劇場とNGKが出禁になっているという噂も有ります。

 

そこで今回は、漫才コンビ『金属バット』のネタや、漫才劇場やNGKが出禁になっているのは本当なのかどうかを探ってみました。

Sponsored Link

金属バットの二人はどんな人?芸歴や芸風

2006年4月に結成し、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しています。

 

立ち位置が向かって左側の坊主頭が特徴なのは、小林圭輔(こばやしけいすけ)さんでボケを担当しています。

変わって、右側の立ち位置でロング髪が特徴なのは、友保隼平(ともやすしゅんぺい)さんです。

 

友保さんは、猫背と出っ歯という特徴も有ります。

また、身長を164㎝と公表しているのですが、猫背を解消したら173㎝有るという話しも有ります。

身長だけでもネタにしてしまう笑いのセンスがスゴイですね。

 

二人は、大阪市堺市出身で高校の同級生です。

普段の会話をまるで立ち話をしているかのような掛け合いの漫才をしています。

コンビ結成をした2006年から、M-1やTHE MANZAI に出場して実績を重ねてきました。

今年2018年もM-1に出場していますので、目が離せませんよ。

Sponsored Link

金属バットはどんなネタをする?

主に、小林さんが最近の出来事や提案をし、友保さんがその話を聞き突っ込んでいくという会話形式の漫才です。

 

中でも、マナカナネタは衝撃的で話題になりました。

双子の三倉茉奈さん佳奈さんの見分け方を見つけたというネタなのですが、茉奈さんを持ち上げて、逆に佳奈さんを有り得ないほどに下げるという内容です。

 

本人には知られたくないであろうネタを、まさかの本人に発見されるという事態にもなりました。

しかし、ご本人が「めっちゃ面白い!」「佳奈は怒っていなかった」とツイートしていますので事なきを得ました。

漫才劇場とNGKを出禁になっているのは本当?

金属バットの二人は、漫才劇場とNGKを出入り禁止になっていると言われています。

漫才劇場の出禁は、どうやら本当のようです。

NGKは出禁になっていないようですので、漫才劇場が出禁になっているという流れからの憶測ではないかなと思います。

 

なぜ漫才劇場を出禁になったかについては、どうも論理的にヤバイネタ(皇室絡みのネタ)をしたことが問題になったようです。

しかし、動画が出回っているわけではないので、ネタについては確実では有りません。

まとめ

今回は、漫才コンビ『金属バット』について書きました。

同級生の2人がコンビを結成し、M-1やTHE MANZAIで実績を重ねてきた金属バットは、漫才劇場に出禁になっているのは事実だと分かりました。

 

金属バットは、見た目は特徴的で芸風は出禁になるほどの衝撃的なネタをするので、今後の2人に注目していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうござました。

Sponsored Link

コメント